経済

ロインズ沖縄店、景品表示法違反 「和牛のみ」「和牛専門店」と表示 実は外国産も使用

イメージ(写真と本文は直接関係ありません)

 黒毛和牛を提供していることをメニューなどに表記しながら、外国産牛の肉を使用したことが景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は16日、飲食業のロイヤルダイニング(東京都、井上武夫代表)に再発防止などの措置命令を出した。琉球新報の取材に、同社の担当者は「黒毛和牛以外に外国産の肉も使用しているが、(メニューなどの)チェックが足りず分かりにくい表現になっていた」と説明した。

 同社が運営する焼肉レストラン「ロインズ」の沖縄店(那覇市久茂地)と東大和店(東京都)のメニューと、ホームページに記載された表記が違反として認定された。「黒毛和牛専門店」や「黒毛和牛のみを使用」などの表記が出ていたが、実際には米国産やオーストラリア産の肉も使われていた。表示期間は沖縄店が2013年3月から18年12月まで、東大和店が14年11月から18年12月まで。

 同社によると、店舗のホームページやメニューを作成する際、ほかのグループ店舗の表記をコピーして引用したため、誤った内容が使われたという。同社は「このようなことが起こらないように、しっかりとしたチェック体制を構築する」と話した。

 措置命令を受けて、今後は広告やホームーページなどで不当表示があったことを通告する必要がある。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス