エンタメ

沖縄国際映画祭、多彩に 開幕、漫才やライブも

「島ぜんぶでお~きな祭 第11回沖縄国際映画祭」が開幕。オープニングセレモニーを進行する(左から)木佐彩子さん、木村祐一さん、ガレッジセールの川田広樹さん、ゴリさん=18日夕、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー(ジャン松元撮影)

 「化けろ!やりたいこと、全部やろう」をキャッチコピーに「島ぜんぶでお~きな祭 第11回沖縄国際映画祭」(同実行委員会主催)が18日、県内各地で始まった。同日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューでオープニングセレモニー&パーティーが行われた。実行委員長の大﨑洋・吉本興業会長は「沖縄の皆さまと『はいさい』と言ったら答えてもらえる関係をつくれたことを感謝している」と謝辞を述べた。

 落語家の桂文枝さんは乾杯のあいさつで「今後ますます映画祭が発展していくことを願う」と話した。

 映画祭は21日まで。那覇市の琉球新報ホールや国際通り周辺、桜坂劇場、北谷町のミハマ7プレックス、北中城村のイオンモール沖縄ライカムなどで、漫才や映画上映、ライブなど各種イベントを開催する。

 19日午後7時からは宜野湾市民会館で、県内41市町村が制作したオリジナルCMの公開とグランプリを決める「『わったー!41フェス』おきなわ県のみらいへつなぐ、じもとのちから」を実施。映画祭最大のイベントであるレッドカーペットは21日正午から那覇市の国際通りで行われる。問い合わせは運営事務局(電話)098(917)5123。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス