政治

衆院沖縄3区補選で移設容認候補が敗れても…官房長官「辺野古移設が唯一の解決策」

菅義偉官房長官

【東京】菅義偉官房長官は22日午前の会見で、21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を容認する自民党公認候補が敗れたことに関連して「残念な結果だった」述べた。その上で「辺野古移設が、安全保障環境と普天間飛行場の危険除去と返還を考えた時に、唯一の解決策だという考え方には変わりがない」とあくまで辺野古移設推進の考えを繰り返した。

 辺野古移設容認の候補が敗れた上で、辺野古移設推進の姿勢を強調する政府の姿勢について問われ「政府としては今後とも地元の理解を得る努力を続けながら、普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現し、基地負担の軽減を図るために全力で取り組んでいく」と述べた。

 辺野古移設の工事を強行しながら地元理解を得るのに、どのような具体的な取り組みがあるか問われると「住環境や自然環境に配慮しながら進めていく。この問題の原点は市街地に位置し、学校で囲まれて、世界で一番危険といわれる普天間飛行場の危険除去だ」と繰り返し、辺野古移設が唯一だと強調するにとどめた。【琉球新報電子版】