社会

本部塩川地区から辺野古埋め立て土砂を搬出 市民ら抗議

土砂を載せた大型車の前で、建設に抗議する市民ら。写真奥は接岸した台船=25日午前8時20分ごろ、本部町の本部港塩川地区

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事で、政府は25日、本部町の本部港塩川地区から埋め立て用土砂の搬出作業を始めた。

 午前7時24分、土砂を積んだトラックが港に到着した。周辺では工事に反対する市民らが抗議活動を展開している。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス