経済

富裕層向けに戸建てホテル 沖縄・恩納村に5月1日開業 森に囲まれた空間演出

 【恩納】ホテル運営事業のセドナコーポレーション(安里明代表)は23日、富裕層向けの戸建タイプホテル「U―MUI(ウムイ)フォレストヴィラ・オキナワ・ヤマダグスク」の内覧会を恩納村山田で開いた。

 国指定史跡山田城跡のふもとにあり、北部の森に囲まれたプライベートな空間を演出し、海を押し出した従来の県内ホテルとは異なる施設を目指す。5月1日に開業する。

 ウムイ―は全18室で、部屋タイプは四つ。最上クラスの「想スイート」=写真=はテラスとプライベートプール含め207・71平方メートル、室内82・15平方メートル。ベッドルームやリビング、キッチン、露天風呂などを備える。ラウンジレストランは午前7時~午前0時まで利用できる。フィットネスジム、シミュレーションゴルフ、屋外プールもある。

 安里代表は「お客さま自身のリズムを大切にした、快適なサービスを提供したい」と語った。