経済

5月10日は「黒糖の日」 イベントで8離島の味紹介

八島の黒糖を食べ比べる来場者ら=10日、那覇市のサンエー那覇メインプレイス

 「黒糖の日」の10日、県含みつ糖対策協議会は那覇市のサンエー那覇メインプレイスで、黒糖の消費拡大イベントを開催した。県内八つの島で作られた黒糖をはじめ、ケーキやアイス、サーターアンダギーなどの加工品を販売した。

 多良間島から参加し、黒糖ジェラートをPRした村役場の塚本恭子さんは「原料に黒糖を17%使っている。多良間の黒糖は風味が強く後味がまろやかなのが特徴だ」と紹介した。

 催しの一環でRBCiラジオの公開生放送があり、EXILEのボーカルATSUSHIさんが登場した。勧められた黒糖を口にし「普段も黒糖を食べている。体にいいよね」と笑顔で話した。

 県含みつ糖対策協議会は9月6日の「黒の日」までを消費拡大キャンペーン期間と定め、県内外へ県産黒糖を発信する。協議会会長の長嶺豊県農林水産部長は「黒糖生産は八つの離島の経済を支える重要な産業だ。県民はもとより全国の方々に沖縄の黒糖をPRしたい」とあいさつした。