社会

沖縄復帰47年 変わらない過重な基地負担 声を上げ続ける市民たち

土砂を搬入するダンプカーに向かって、プラカードを掲げ抗議する市民ら=15日、名護市安和

 【辺野古問題取材班】日本復帰から47年を迎えた15日、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、埋め立て用土砂の搬出に使われている同市安和の琉球セメント前には約60人の市民が集まり、移設工事反対の声を上げた。

 強い日差しが照りつける中、市民らはプラカードを手に「民意を無視するな」「国に負けないぞ」と抗議した。オール沖縄会議共同代表の稲嶺進前名護市長もマイクを握り「47年たっても憲法の基本理念である平和主義、基本的人権から沖縄は除外されている」と憤り、「明日もあさっても行動を続ける。強い心で闘っていく」と声を張り上げた。

 15日は午前7時半ごろから琉球セメントの敷地に、ダンプカーが土砂を運び入れた。【琉球新報電子版】