経済

沖縄の海ぶどう シンガポール輸出開始 えん沖縄、アポロ社と連携

海ぶどうのシンガポール輸出開始をPRする(左から)県シンガポール事務所の平賀敬人所長、えん沖縄のピーター・ン社長、アポロ社の山口暢彦氏=シンガポールのアポロ社(県シンガポール事務所提供)

 えん沖縄(那覇市)とグループ会社のENグループ(シンガポール)は10日から、県産海ぶどうのシンガポール輸出を始めた。ENグループがシンガポールで運営するEN酒場3店舗で販売し、海ぶどうの単品や刺し身との組み合わせなどで提供している。

 本年度は700キロを輸出予定で、2020年は年間1・2トンの輸出を目標にしている。現地の日本料理店やローカル料理店など取り扱い店舗を増やす予定。

 シンガポールへの海ぶどうの輸出は、気温の高さで温度管理が難しいことや認知度の低さが課題だった。シンガポールで魚介類を養殖するアポロ社と連携し、現地で温度管理できる体制を整えた。現地での認知を上げるため、7月に「Oishii Japanフェア」の開催を予定している。


海ぶどう

 えん沖縄は水畜産物の海外輸出に積極的で、18年度の航空便による海外輸出量は150トンだった。

 えん沖縄のピーター・ン社長は「香港の店舗でも人気の海ぶどうがシンガポールでも人気になるようマーケティングを強化したい」とコメントした。