エンタメ

HY、きいやま商店、アルベルト城間さん、ジョージ紫さんらが熱いステージ披露 琉球音楽祭

フィナーレで宮良長包の「えんどうの花」を歌う出演者ら=25日夜、那覇市泉崎の琉球新報ホール

 宮良長包音楽賞、特別賞の受賞者が共演するコンサート「琉球音楽祭」(主催・琉球新報社、特別協賛・沖縄銀行、オリオンビール)の第3弾「オキナワンロック&ポップス」が25日、那覇市の琉球新報ホールで開かれた。HYやきいやま商店、ジョージ紫さん、アルベルト城間さん、徳山義広さんが出演し、熱いステージを繰り広げた。

 幕開けはHYが「Island」を爽やかに歌い上げた。きいやま商店が「僕らの島」や「じんがねーらん」などを披露し盛り上げた。ジョージ紫さんはロックバンド・紫の代表曲「Double Dealing Woman」を演奏し会場を熱くした。トリのアルベルト城間さんはディアマンテスのデビュー曲「沖縄ミ・アモール」をしっとりと歌い上げた。最後は出演者がステージに登場し「えんどうの花」を歌い幕を閉じた。

 シリーズ第4弾「初夏のクラシック」は26日午後5時から同ホールで開かれる。泉惠得さん、沖縄中央混声合唱団、沖縄交響楽団などが出演する。入場料は当日券4500円。券の販売は午後4時から。問い合わせは(電話)098(865)5013(琉球新報読者事業局)。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス