芸能・文化

「ずっと仲間」チュニキャン7人で最後のライブ 千夏と優美香が活動終了で5人に

7人最後のライブを繰り広げたチューニングキャンディーの(右から)愛子、優美香、ソフィー、LILI、琴音、ゆうり、千夏=6日、那覇市のサンエー那覇メインプレイス

 「チュニキャン」の愛称で親しまれている沖縄県出身ダンスボーカルグループ「Chuning Candy(チューニングキャンディー)」のミニライブが6日、沖縄県那覇市のサンエー那覇メインプレイスであった。4月にグループ活動を終了すると報告した千夏と優美香にとって最後のライブとなった。会場には多くのファンが駆け付け、2人の新たな門出を祝った。

 チュニキャンは千夏、優美香とリーダーのソフィー、LILI、ゆうり、琴音、愛子の7人で構成される。7人はデビュー曲「Dance with me」や「Happy Happy」「Shake it up!」などを披露し、軽快なダンスと歌で会場を盛り上げた。

 ライブ終了後、2人はファンに向かってあいさつし、千夏は涙しながら「最後に(ファンの)みんなの笑顔を見られて本当に良かった。これからも7人はずっと仲間だという気持ちは変わらない」と思いを伝えた。優美香は「私は泣きません!」と応えて、「これからもチュニキャンをよろしくお願いします」と前向きなコメントで会場を沸かせた。ソフィーは「2人のこれからの道を応援してください」と涙をこらえた。

 チュニキャンは今後5人で活動していく。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス