スポーツ
釣りへ行こう

具志頭で31・4キロのロウニンアジ

5月26日、具志頭海岸でボラを餌に128センチ・31.4キロのロウニンアジを釣った諸見里匠仁さん

 那覇市在住の諸見里匠仁さんは普段はタマン釣りがメインだが、某釣具店ダービーの大物賞を狙って、ここ最近はロウニンアジを狙って竿(さお)を出している。

 26日も午前0時頃からロウニンアジ狙いで実績のある具志頭海岸で、25センチほどのボラを餌に仕掛けを投入した。小物のアタリも無いまま最干潮の午前5時30分に、いきなりヒット。竿が海面に向かって突き刺さり、リールから道糸がすごい勢いで引き出された。

 竿を手に持ちフッキングを入れると、沖に向かって200メートルほど走ると糸の出が止まった。20分かけて足下に寄せた大物は、自己記録の30キロをわずかに上回る31・4キロ。

 24日から26日までの3日間、第15回カーエー沖縄王座決定戦が開催された。この大会は沖縄本島の他、宮古島や石垣島にも検量会場を設け138人が参加した。沖縄一のカーエー釣り師を競う大会で、139人が参加して大会開催期間に釣れた1匹のカーエーの重量を競った。好天に恵まれて42人が検量し、優勝した山内正樹さんは、24日と25日に伊江島に渡って、24日に釣った2・7キロのカーエーで優勝を決めた。主な結果は次の通り。 (敬称略)

 【優勝】山内正樹 49・5センチ、2・7キロ 伊江島
 【2位】石川尚之 46・6センチ、2・04キロ 国頭海岸
 【3位】兼城清二 43・8センチ、1・86キロ 本部海岸

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


5月24日、津堅島で56.3センチ・3.43キロのマクブを釣った田底和樹さん

5月26日、浜比嘉島で72.4センチ・4.1キロのタマンを釣った池宮秀克さん


5月19日、読谷海岸で63センチ・2.76キロと39.5センチ・0.73キロのタマンを釣った有村浬さん

5月18日、安謝港で55センチ・1.72キロのコロダイを釣った宮里彩華さん


5月25日、宮古島で72センチ・4キロと65センチ・3.7キロのタマンを釣った知念健太朗さん(我神海)

5月19日、平安座島で1.96キロのアオリイカを釣った森田和之さん


5月25日、宮古島で41.5センチ・1.67キロのカーエーを釣った川満英治さん

5月6日、安謝川で44.5センチ・1.37キロのチヌを釣った砂川稔樹さん


5月8日、渡嘉敷沖のテンヤ釣りで11.08キロのオーマチを釣った齋藤正美さん(アクア2)

5月24日、伊江島で49.5センチ・2.7キロのカーエーを釣って優勝した山内正樹さん(GFG)


釣りへ行こう
関連するニュース