社会

土砂搬出のペース上がる 辺野古新基地建設

埋め立て用の土砂を積んで、琉球セメントの桟橋を離岸する土砂搬出船=5日午前11時50分ごろ、名護市安和

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局が4日から名護市安和の琉球セメント敷地内の土砂の仮置き場を活用し始めたため、5日は土砂の海上搬出のペースが上がった。

 現場で抗議する市民によると、4日以前は同敷地内にある桟橋を午前中に出入港する土砂搬出船は、1隻程度だったが、5日は2隻が土砂を積んで離岸した。新基地建設工事のペースも加速するとみられる。

 土砂搬出船を監視していた市民は「これまで多くても一日に土砂の海上搬出は3隻だったが、今日は4隻いくかもしれない」と警戒している。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス