教育

小学校に新しい〝お友達〟 やって来たのはペッパー! プログラミング学習をお手伝い

ペッパーの自己紹介をプログラミングした上田小学校6年生の(右から)齋藤千桜さん、砂川裕司さん、上原道人さん=5日、豊見城市立上田小学校

 2020年度に必修となる小学校でのプログラミング教育の先駆けとして、沖縄県豊見城市立上田小学校(照屋力男校長)が県内の学校で初めてソフトバンクの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を導入した。5日、同校で全校児童約750人が参加したお披露目会が開かれた。

 同市教育委員会では児童がプログラミングに親しめるようペッパーの導入を決定し、ソフトバンクの社会貢献活動と連携した。

 6年生の上原道人さん、砂川裕司さん、齋藤千桜(ちお)さんはソフトバンク担当者との研修でペッパーが自己紹介するプログラムを作成した。ペッパーが3人のプログラミングに基づくあいさつや「いないいないばぁ」を披露すると児童から歓声が上がった。