スポーツ

渋谷の満原優樹がキングスに移籍

満原優樹

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは19日、B1サンロッカーズ渋谷の満原優樹と2019年―20年の選手契約に合意したと発表した。

 満原は1989年12月27日生まれの29歳。神奈川県出身。198センチ、110キロでポジションはPFとC。能代工業高校3年時にインターハイと国体で全国大会2冠、東海大学4年の時にはインカレ準優勝に貢献した。2012年、日立サンロッカーズ(現・サンロッカーズ渋谷)に入団し、7シーズンプレーした。昨季は54試合に出場していた。

 満原は球団ホームページで「初めての移籍でバスケットボール熱が高い沖縄という地域、キングスでプレーできることをうれしく思いますし、こんなにワクワクするのは久々の感覚です。いまは『やってやる』という強い気持ちも芽生えていますし、それを行動で示したいと思います」とコメントした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス