経済

沖縄でのMICE開催は1238件 29件増 2018年度

 沖縄県文化観光スポーツ部は18日、2018年度のMICE開催実績を発表した。開催件数は前年比29件増の1238件となり、直接経済効果は243億円と推計した。全体の開催件数は年々増加している。

 MICEの種別で見ると、「報奨・研修旅行」が前年比0・4%増の674件と最も多く、「国際会議」が15%増の241件と続いた。「イベント、展示会」は同1%増の153件、「企業系会議」は同4%減の170件だった。

 規模別で見ると10~49人は前年比12%減の480件で、全体の39%を占める。続いて50~99人は同16%増の248件、100~299人は同19%増の311件、300~999人は同7%増の114件だった。大規模人数を受け入れる施設の少なさもあり、千人以上の規模は同5%増の85件となっている。

 調査は、県内会議施設やホテルなど対象の452件に実施し、回答を得たのは319件で回答率は71%だった。