政治

首相「移設は基地を増やすものではい」 辺野古移設推進を明言 

記者の質問に答える安倍晋三首相=23日午後、糸満市の平和祈念公園(喜瀬守昭撮影)

 安倍晋三首相は23日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「移設は基地を増やすものではない。一日も早い全面返還に向けて皆さんの理解を得つつ、全力で取り組みたい」と述べ、辺野古移設を推進する考えを改めて示した。糸満市摩文仁で開催された沖縄全戦没者追悼式に出席後、記者団の取材に応じた。

 2月の県民投票で辺野古埋め立て反対が多数を占めたことへの評価は避け、「学校や住宅に囲まれた世界で最も危険と言われる普天間基地が危険なまま置き去りにされることは絶対に避けなければならない」と述べた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス