政治

参院選、期日前1万7956人 沖縄県内3日間 1日平均は前回超え

 沖縄県選挙管理委員会は8日、第25回参院選沖縄選挙区の期日前投票の中間報告を発表した。公示翌日の5日から7日までの3日間で、県内では1万7956人が投票した。前回の2016年参院選は、公示日が1日繰り上げされたため、同時期で2万1815人が投票していた。1日当たりの投票者数は今回が5985人で、前回の5453人を上回っている。

 内訳は市部が1万3021人、国頭郡が999人、中頭郡が2200人、島尻郡が1622人、宮古郡(多良間村)が8人、八重山郡が106人だった。

 在外者を含めた3日現在の選挙人名簿登録者数は117万5944人で、7日までに投票した人の数は1.52%に当たる。期日前投票は繰り上げ投票の竹富町が19日まで、その他の市町村は20日まで。各市町村の役所などで行われている。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス