社会

久米島グルメずらり 車エビ、蒸し牡蠣、赤鶏のカレー…来場者でにぎわう

久米島の特産品を買い求めるお客でにぎわう「久米島ちゃんぷる~広場 まーさむん食堂☆じょうとうむん特産品市場」=12日午前、那覇市泉崎の琉球新報社

  「食」を中心に久米島町の魅力をぎゅっと詰め込んだ物産フェア「久米島ちゃんぷる~広場 まーさむん食堂☆じょうとうむん特産品市場」(主催・久米島町、久米島商工会、琉球新報社)が12日、那覇市泉崎の琉球新報社1階の公開空地で始まった。車エビの素揚げや赤鶏のカレー、蒸し牡蠣(かき)など久米島のグルメがずらりと並び、オープン早々、多くの人でにぎわっている。
 
  大田治雄町長ら関係者がテープカットし、幕を開けた。自慢の「食」に加え、久米島紬(つむぎ)や限定古酒など特産品の販売もある。ランチタイムには行列もできた。12日は午後8時まで開店する。13日は午前11時~午後6時。両日とも、那覇―久米島の往復航空券やホテル宿泊券などが当たる抽選会も開かれる。【琉球新報電子版】


「久米島ちゃんぷる~広場 まーさむん食堂☆じょうとうむん特産品市場」開幕でテープカットする関係者=12日午前、那覇市泉崎の琉球新報社


関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス