社会

台風5号、きょう昼過ぎ先島に最接近 あす朝にかけ沖縄本島に 各地で波浪警報 船208便欠航

  大型の台風5号は18日午前9時現在、石垣島の南約110キロに位置し、時速25キロで北へ進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の周囲650キロが風速15メートル以上の強風域となっている。今後発達しながら北上し、18日昼過ぎにかけて先島地方に、19日明け方から朝にかけて沖縄本島地方に最接近する見込み。
  
  沖縄気象台によると、18日午前10時現在、石垣島や宮古島など先島地方と、本島中南部、北部の沖縄本島地方の各地で波浪警報が発令されている。
  
19日午前9時には東シナ海に進み、中心気圧985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が23メートル、最大瞬間風速が35メートルになる恐れがある。
  
  台風周辺では雨雲が発達しており、沖縄地方は18日から19日にかけて風速20メートルの強風に見舞われ、波も高くなる。19日にかけて本島北部、中南部や宮古島、石垣島など各所で最大7メートルの波高となる見込み。
  
  交通機関にも影響が出ており、18日は、石垣島と竹富島など周辺離島を結ぶ定期船56便や泊-座間味を結ぶフェリーと高速船10便など計208便が欠航した。
  
  台風が東よりに進路を変えた場合には、18日から20日にかけて沖縄地方は警報級の大雨に見舞われる恐れがある。落雷や竜巻の被害が出る恐れもあり、同台が警戒を呼び掛けている。【琉球新報電子版】