経済

銀座和光でアロハシャツ展 パイカジが今年も〝夏〟をお届け

東京・銀座に夏の雰囲気を届ける高級専門店和光の「パイカジ アロハシャツコレクション」=18日、東京都中央区銀座の和光本館4階

 PAIKAJI(パイカジ)のブランド名でアロハシャツなどを製造するジュネ(沖縄県豊見城市、吉田康秀社長)は18日から、東京・銀座の高級専門店「和光」本館4階で「アロハシャツコレクション」を開催している。31日まで。

 和光での販売は2015年から5回目。毎年和光独自の企画も展開し、今年は甚平スタイルの「アロハ甚平」を銀座と国際通りのショップ限定で販売する。

 今年でパイカジが20周年を迎えることにちなんで、20色そろえた記念のアロハシャツも数量限定で用意している。アロハシャツと同柄のショートパンツを合わせたセットアップの提案や、和光とコラボしたデザインのシャツもそろう。

 和光の担当者は「関東に住む沖縄出身者はもちろん、和光のお客にも受け入れていただいている。今では銀座の夏の風物詩のようになって『今年はいつからなの?』と問い合わせをもらうほどになっている」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス