経済

沖縄初、東京五輪オフィシャルショップがオープン 那覇市のジュンク堂書店内 Tシャツはじめグッズ700点販売

Tシャツなど公式グッズを販売する東京五輪・パラリンピックのオフィシャルショップ=26日午前、那覇市牧志のジュンク堂書店那覇店1階

  来年の東京五輪・パラリンピックのオフィシャルショップが26日、那覇市牧志のジュンク堂書店那覇店1階にオープンした。全国34店目で、県内では初めて。大会エンブレムが入った公式グッズや全国各地の伝統工芸品など、約700点を販売する。来年9月30日まで。
  
  ショップを運営する東京2020組織委員会によると、大会マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」のぬいぐるみやTシャツが人気だという。岩手県の南部鉄器や福島県の白河だるまなど、全国各地の伝統工芸品も注目を集めている。
  
  同委員会の安崎博巳ライセンシー担当部長は「オリンピックまで1年を切った。沖縄の皆さんにオリンピックを身近に感じてほしい」と話した。外国人観光客の来店が見込まれることについては「日本各地の伝統工芸品コーナーもある。お土産として持ち帰って広めてほしい」と期待した。【琉球新報電子版】


東京五輪・パラリンピックのオフィシャルショップで販売されている日本各地の伝統工芸とコラボした商品