社会

中城村沖であす不発弾処理 半径3キロを入水規制

 【中城】沖縄県中城村の約1・8キロ沖の中城湾内で、81ミリ追撃砲弾1発の海中爆破処理作業が8月1日午前9時から同湾で実施される。爆破処理に伴い、午前9時から正午ごろまで、爆破処理位置から半径300メートル以内が航行や停泊による立ち入り禁止区域、半径3キロ以内が遊泳や潜水の入水規制区域となる。

 陸上の交通規制や避難対象区域はない。不発弾は5月5日午後3時ごろ、同村の津覇海岸で潮干狩りをしていた人が発見し通報した。

 村は「不発弾処理作業時間帯は危険なので同海域に立ち入らないようお願いする」と呼び掛けている。