社会

国際通りをエイサーで埋め尽くす 夏空に太鼓の音響く

勇壮に演舞を披露する参加者ら=4日午後1時半ごろ、那覇市の国際通り(新里圭蔵撮影)

 「夏祭りin那覇 第25回一万人のエイサー踊り隊」(同実行委員会主催)が4日、那覇市の国際通りとパレットくもじ前広場で開催された。27団体が国際通り全体で一斉に踊る「エイサーページェント」をはじめ、創作エイサー24団体、青年会8団体の演舞が披露された。約3千人の演者が夏空に太鼓の音を響かせ、県内外から訪れた多くの観衆を沸かせた。

 エイサーページェントに参加した「若狭ちむどんどん太鼓」の久手堅光姫(ひかり)さん(11)は、小学1年生の時から5年連続で参加している。「暑いし太鼓も重くて大変だけど、踊った後に拍手をもらうと『来年も頑張ろう』と思う」と充実した表情で語った。

 沿道で観覧していた後藤真貴子さん(27)=那覇市=は「小さい子どもたちも一生懸命に踊っていてかわいかった。私もエイサーをやってみたい」と笑顔を見せた。