政治

翁長議長が辞職願 那覇議会 後任に久高氏選出へ

翁長俊英氏

 那覇市議会の翁長俊英議長(62)は5日、体調不良などを理由に、副議長宛てに議長辞職願を提出した。19日に予定される臨時議会で諮られ承認される見通し。同日の臨時議会で行われる議長選挙には自民党の久高友弘氏(71)が立候補する予定。現時点で他に立候補の動きはなく、久高氏が選出される見通しだ。


久高友弘氏

 翁長氏は6期目。2016年10月に議長に就任した。市議選後の17年8月に再び議長となり通算2年10カ月務めた。「議会改革などを精力的に推進してきた。議会の事務を若干整備できたことに加え、委員会の委員改選の時期でもあるこの機会に、体調も考慮して退任させていただくことにした」と説明した。

 久高氏は9期目。17年の議長選で推す声もあったが、翁長氏に決まった。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス