経済

エビアン、沖縄限定ボトル発売 19日からスーパー、コンビニ

エビアンの沖縄限定ボトル

 フランス生まれの天然ミネラル水ブランド「エビアン」の沖縄限定デザインペットボトルが、19日から県内のスーパーやコンビニで販売される。エビアンの地域限定ボトルはヨーロッパ以外の地域で初めての展開。国内に加えアジアでも人気観光地となる沖縄をテストマーケティングの場所に選んだという。

 沖縄限定ボトルはハイビスカス、シーサー、首里城の3種類のパッケージとなっている。年間2万5千ケースの売り上げを目標にする。沖縄での販売状況によって地域限定ボトルの展開戦略を検討していくという。

 エビアンブランドを展開するダノンジャパンのウィディタ・スウマ・ウィマラさんは「沖縄はインバウンドだけでなく国内客にとっても魅力の観光地だ。地元の人になじんでもらい、観光客にも手に取ってほしい」と話した。

 国内では伊藤園が販売元となっており、沖縄伊藤園の橋川敦常務は「通常の商品は県外の港に輸入した後に県内に仕入れるが、今回の限定品はフランスから直接沖縄に輸送する。主にアジア客などに販売していきたい」と述べた。メーカー希望小売価格は330ミリリットルで107円(税別)。24、25日に那覇市のパレットくもじ前広場でPRイベントを開く。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス