スポーツ

なぎなた団体試合 首里が全国V 県勢対決制す 準優勝は知念 高校総体

団体戦決勝で県勢対決を制し優勝した首里の選手ら=12日、那覇市の沖縄県立武道館

 全国高校総合体育大会「可能性は無限大 南部九州総体 2019」のなぎなた競技は12日、那覇市の県立武道館で行った。団体試合決勝は首里と知念の県勢対決となり、首里が2ー1で知念を下し、2年連続3度目の全国制覇を成し遂げた。

 首里の山城り子は個人試合も制しており、2冠を達成。また演技では新川珠羽・上江洲誉組(知念)も優勝しており、沖縄県として初めて同一大会での団体試合、個人試合、演技の3冠となった。【琉球新報電子版】