社会

陸自ヘリからファイル落下  那覇上空を飛行中  150グラムのA4ファイル  

UH60から落下したものと同じ種類のファイル(陸自提供)

  15日午後4時48分ごろ、那覇市の漫湖付近上空を飛行していた陸上自衛隊のUH60ヘリから、重さ150グラムのプラスチック製A4ファイルが落下した。陸自によると、けが人などの被害は確認されていないという。

  陸自によると、落下させた場所は那覇空港北東約4・3キロの漫湖付近上空。UH60ヘリは陸自木更津駐屯地(千葉県)を本拠地とする第1ヘリコプター団所属で、通常の飛行訓練で那覇基地に戻る途中だった。ファイルは飛行の要領などの資料をまとめたもので、副操縦士が取り出した際に落としたという。【琉球新報電子版】


陸上自衛隊の副操縦士がファイルを落下させた際に搭乗していたUH60ヘリの同型機(陸自提供)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス