政治

那覇市議会の議長に久高氏 選挙で宮平氏破る

 久高 友弘氏

 那覇市議会は19日、臨時議会を開き、議長辞職願を出していた翁長俊英議長の辞職を許可した。議長選挙の結果、市政野党である自民会派の久高友弘氏が野党と中立系の24票、与党・ニライ会派の宮平のり子氏が与党の16票を獲得し、久高氏が新議長に選出された。

 金城眞徳副議長も副議長辞職願を出し、許可された。副議長選挙の結果、中立の公明会派の桑江豊氏が24票、与党・共産会派の湧川朝渉氏が16票を獲得し、桑江氏が選出された。久高氏は「議会改革を進めるとともに、議会として行政の無駄をチェックし、行政改革を進めたい」と述べた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス