社会

「1日に1度は空見上げて」 俳優で気象予報士の石原良純さん ストレス解消にもなる

 第91期新報女性サロン第2回講座が21日、沖縄県那覇市泉崎の琉球新報ホールで開かれ、俳優で気象予報士の石原良純さんが「石原良純、大いに語る~気象・環境から家族の絆まで~」をテーマに講演した。

 父親の石原慎太郎元東京都知事の家庭での顔を紹介。空の魅力も熱弁し「ストレス解消にもなるし、防災にも役立つ。1日1度は空を見上げてみて」と呼び掛けた。


石原良純さんの話に耳を傾ける新報女性サロンの会員ら=21日、那覇市泉崎の琉球新報ホール

 子どもの頃から空の変化を不思議に思っていたという石原さん。「どんな山より高く、どんな海より広く、どこにでもある大自然は空。日本では四季折々、いろんな表情を見せてくれる」と話す。お天気キャスターの森田正光さんに気象予報士の試験を受けるよう勧められ、2度目の受験で合格した。

 日本では台風など自然災害に備えてきたが、近年は多くの災害に見舞われていると指摘。毎日見ていると変化に気付くようになるとし「天気予報のチェックもいいが、空も見てほしい」と話した。