社会

砲撃で家族失いたった一人に 激戦地テニアンで生き残る 当時3歳の安里清栄さん 記憶の奥底にとどめる母の姿