スポーツ

FC琉球 猛追届かず1―2 手痛い3連敗

FC琉球-FC岐阜 後半 ゴール前に詰めてシュートを放つ琉球の鳥養祐矢(右)=31日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム(新里圭蔵撮影)

 サッカー明治安田J2の第30節、FC琉球は8月31日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでFC岐阜と対戦し、1―2で3連敗を喫した。2点リードされ迎えた後半は猛追を仕掛けるが、一歩届かなかった。通算成績は8勝7分け15敗、勝ち点は31のまま。暫定順位は16位から17位に一つ落とした。

 次戦は7日午後7時から、琉球の前監督、金鍾成氏が率いる鹿児島ユナイテッドFCをホームで迎え撃つ。【琉球新報電子版】