社会

北谷浄水場が停電、一時送水に支障 通常に戻りつつも、引き続き節水呼び掛け 

停電し、市町村への送水に支障をきたしていた沖縄県企業局北谷浄水場

  県企業局北谷浄水場で4日午前、停電が起き、北谷浄水場系統の7市町村への送水に一時支障が出た。県企業局によると、同日午後2時半現在、停電による処理や送水への影響は収まりつつあるが、水の使用が集中し大量の水の送水が必要となる場合、利用者に十分に供給できない状況が想定されることから、県企業局は引き続き節水を呼び掛けている。
  
  県企業局によると、3日午前8時から4日午後6時までの間、沖縄電力の工事のため自家発電機で運用していが、発電機に不具合があり浄水場での処理、送水が一時、とどこおっていたという。
  
  事態を受け、北谷町などは町ホームページや広報無線で町民に節水を呼び掛けた。
  
  北谷浄水場は北谷、沖縄、那覇、浦添、宜野湾、中城村、北中城村の7市町村に一部地域を含めて送水している。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス