社会

宮古島市全域に避難勧告 台風の目は通過 宮古島市2万戸超が停電 久米島は今晩暴風

5日午後4時現在の台風13号の衛星画像

 非常に強い台風13号は5日午後3時現在、宮古島付近を時速15キロで北に進んでいる。宮古島市の宮古空港では午後0時22分に2009年からの観測史上最大となる最大瞬間風速61・2メートルを記録。市は全域の2万5098世帯5万5006人に避難勧告を発表した。

 石垣市と多良間村、久米島町も全域に避難準備情報を出している。台風の中心は宮古島を通過したが、先島諸島では今後も西のち南西の猛烈な吹き返しの風に厳重な警戒が必要だ。


5日午後3時現在の台風13号の経路図

 台風は今後、勢力を維持したまま北上し、6日午前3時には久米島の西約180キロに達する見込み。気象台は5日昼すぎに久米島に暴風警報を出しており、夜のはじめごろから6日明け方まで暴風となる見通し。沖縄本島地方も強風域に入っており、非常に強い風に十分警戒するよう呼び掛けている。

 宮古島市によると、70代の男性と50代の女性が台風対策をしている際に負傷した。宮古島市は市内に8カ所の避難所を開設。久米島町は2カ所、石垣市と多良間村も1カ所ずつ開設している。沖縄電力によると5日午後4時現在、宮古島市の8割を超える2万320戸が停電している。

 5日午後3時現在、台風の中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心から半径130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、東側390キロ以内と西側220キロ以内は風速15メートル以上の強い風が吹いている。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス