政治

河野新防衛相 辺野古「唯一の解決策」 地位協定改定は「所管外」

記者会見する河野太郎防衛相=11日夜、首相官邸

 【東京】河野太郎防衛相は11日の会見で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について「唯一の解決策」だと説明し、従来の政府方針を堅持する考えを示した。一方、日米地位協定に関しては、防衛省の所管外だとして答えなかった。

 河野氏は「沖縄の思いは真摯(しんし)に受け止めながら、日米同盟の抑止力、普天間基地の危険性除去を考えると、辺野古移設が唯一の解決策だろうと思う」と話した。早い段階で沖縄を訪問し、玉城デニー知事と会談したい意向も示した。

 一方で、日米地位協定改定の必要性があるかどうかとの質問には「外務省の所管だ」として、見解の説明を避けた。

 かつて「脱原発」の主張を掲げていたことについても問われたが「所管外だ」として切り捨てた。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス