経済

星野リゾート西表島ホテル 10月開業 運営引き継ぎ

10月1日に開業する「星野リゾート西表島ホテル」の外観(星野リゾート提供)

 宿泊施設運営の星野リゾート(長野県、星野佳路代表)は13日、竹富町の西表島に「星野リゾート西表島ホテル」を10月1日にオープンすると発表した。既存のホテルニラカナイ西表島の運営を引き継ぎ、星野リゾートのブランドとして事業展開する。

 同社が県内で運営する宿泊施設は「星のや竹富島」に次いで2軒目。来春には読谷村で「星のや沖縄」の開業も予定する。

 西表島ホテルは4階建てで、延べ床面積が8881平方メートル。客室数は138室で、レストランや屋外プール、コインランドリーなどを備える。「イリオモテヤマネコが棲(す)む島のジャングルリゾート」をコンセプトに、西表島を満喫できるリゾートホテルを目指す。

 9月末までニラカナイ西表島の名称で営業し、10月1日から西表島ホテルの名称に変わる。ニラカナイ西表島は2016年まで「リゾナーレ西表島」の名称で、ユニマットプレシャスから委託を受けて星野リゾートが運営した。

 運営委託は終了したが、今年3月29日に不動産投資信託の「星野リゾート・リート投資法人」がホテルを取得している。