社会

台風17号きょう午前最接近 沖縄本島、宮古島など暴風警戒

 大型の台風17号は20日午後9時現在、宮古島の東南東約230キロにあり、1時間に約15キロの速さで北北西へ進んでいる。沖縄気象台によると台風は発達しながら北上し、21日明け方から昼前にかけ、沖縄本島地方と先島諸島に最も接近、午前9時までには暴風域が形成される見通し。台風の影響を受け、21日に県内の那覇、宮古、石垣空港を発着する便に欠航が相次ぎ、175便以上、約3万人に影響が出るとみられる。本島や石垣、宮古と離島を結ぶ船舶は85便の欠航が決まっている。

 気象庁の午後9時の概況によると、宮古島地方は21日昼前まで、久米島、慶良間、粟国諸島では21日朝から昼過ぎにかけて暴風が吹く見込み。

 台風の進路によっては本島や八重山地方でも21日にかけて暴風となる恐れがある。沖縄気象台は高波や暴風に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 午後9時現在、台風17号の中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心から半径650キロ以内は風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 21日にかけての最大風速は宮古島地方で30メートル(最大瞬間風速40メートル)、本島地方で25メートル(同35メートル)と予測されている。波の高さは県内各地で6~9メートルで、いずれもうねりを伴う。

 沖縄本島地方と先島諸島は21日、多いところで1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込み。警報級の大雨となる恐れもある。





関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス