社会

オニオオハシ4羽の名前が決まったよ! 

命名者から餌をもらうオニオオハシ=22日、名護市のネオパークオキナワ国際種保存研究センター

 【名護】名護自然動植物公園「ネオパークオキナワ」は22日、7月に南米から導入し飼育している鳥「オニオオハシ」4羽の命名式を同園で開いた。4羽はオスとメス2羽ずつで、オスが「サンサン」「ネル」、メスが「プティ」「ココ」に決まった。

 名前は521件の応募があった。複数人から応募があった名前もあったため、6人が命名者になった。

 22日、園内の国際種保存研究センターで開かれた命名式では、命名者らに感謝状や記念品が贈られた。命名者らはオニオオハシに餌をあげるなどして触れ合った。

 「ネル」の命名をした銘苅菜々子さん(13)=南城市立大里中2年=は「語感から命名した。当選してうれしい」と喜んだ。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス