社会

市民ら海と陸から抗議の声 名護市安和と本部町塩川で作業 辺野古新基地建設

カヌーに乗り抗議の声を上げる市民と、抗議をやめるよう訴える海保=27日午前、名護市安和の琉球セメント桟橋

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で27日午前、沖縄防衛局は同市安和の琉球セメント桟橋と本部町の本部港塩川地区で埋め立て関連の作業を続けた。

 桟橋では市民ら約20人が「新基地建設絶対反対」「沖縄の平和を守れ」などとシュプレヒコールを上げながら抗議した。運搬船の出港を遅らせようと海上ではカヌー1艇、ボート1隻が桟橋周辺で抗議行動を実施した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス