政治

河野防衛相、就任後初の来県 名護市長らと面談 普天間の危険性除去「一日も早く」

河野太郎防衛相(左)に米軍基地の負担軽減を求める要請書を手渡す渡具知武豊名護市長=29日、宜野湾市のラグナガーデンホテル

  河野太郎防衛相は29日、就任後初めて沖縄県を訪れ、米軍普天間飛行場の移設先となっている名護市の渡具知武豊市長や辺野古沿岸部に近い辺野古、久志、豊原の3区長と面談した。河野氏は「政府としては普天間飛行場の危険除去を一日も早く進めなければならないと考えている。この事業で一番影響を受ける3区の生活環境を守り、向上させていかなければならない」と話した。
  
  渡具知市長は基地負担軽減に関する要請書を河野氏に手渡し、住民生活への配慮や、キャンプ・シュワブ内のヘリコプター発着場(ヘリパッド)撤去を求めた。これに対して河野氏は「しっかり対応できるように努力したい」と答えた。
  
  河野氏は玉城デニー知事や松川正則宜野湾市長とも面談する。

【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス