社会

来月23日に「うまんちゅ大行動」 オスプレイ、米兵事件

 普天間基地周辺で1万人規模のデモ行進を行う「オスプレイ撤去! 米兵による凶悪事件糾弾! 怒りの御万人(うまんちゅ)大行動」が12月23日に実施される。実行委員会準備会は20日、那覇市の教育福祉会館で会合を開き、日時を決めた。

普天間基地へのデモ行進と集会を計画している。
 沖縄平和運動センターなどは「かつてない規模のデモ行進だ」と話している。29日に実行委員会の結成総会を行う。
 準備会には約40人が参加。同センター、普天間爆音訴訟団、嘉手納爆音訴訟団、平和市民連絡会、命どぅ宝・さらばんじの会、中部地区労、全国平和フォーラムが世話人団体となり、実行委への参加をさまざまな団体に呼び掛けている。
 「大行動」は当日、午前11時から宜野湾海浜公園屋外劇場でプレイベント、正午から集会を開く。その後、大山ゲートまでデモ行進し、ゲート前で抗議集会を開催する。
 当初、県民大会実行委の東京要請行動と同じ12月16日に実施する計画だったが、衆院選投開票日と重なることから日程を変更した。23日は3連休の中日に当たるため「県外からも参加しやすい」としている。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内