スポーツ

川満寛弥投手、ロッテと仮契約

ロッテとの契約を終え笑顔を見せる川満寛弥投手(中央)。左は永野吉成チーフスカウト、右は松本尚樹編成統括=21日、福岡県北九州市の九州共立大

 今年のプロ野球ドラフト会議で千葉ロッテから2位指名を受けた九州共立大の川満寛弥投手(宮古総実高出)が21日、福岡県北九州市の同大で球団と仮契約を結んだ。

背番号は36、契約金8千万円、年俸1300万円。(いずれも推定)。
 仮契約後に会見に臨んだ川満投手は「やっとロッテの一員になったという実感が湧いた」と笑顔を見せ、「来春のキャンプに向けてトレーニングを続けたい」と意気込みを語った。
 ロッテの永野吉成チーフスカウトは「長身に加え、ボールの伸び、落差のあるカーブが魅力」と高く評価。「将来は先発ローテーション入りも期待できる」と力を込めた。入団発表は12月12日に千葉市内で行われる。