政治

配備撤回を要求 嘉手納町長が防衛局に抗議

 【嘉手納】米軍嘉手納飛行場へのオスプレイ配備計画が明らかになったことを受け、當山宏嘉手納町長は9日、沖縄防衛局と外務省沖縄事務所を相次いで訪ね、配備に断固反対し、計画撤回を強く求めた。

 當山町長は「事実ならば、嘉手納基地は危険な基地の掃きだめになる。強行配備されるなら、嘉手納基地の存在自体が揺らぐ事態になりかねない」と訴えた。
 當山町長によると、防衛局の武田博史局長は「本省に確認したところ、日本政府として承知していない。把握していない」との返答を繰り返した。當山町長の「事実なのか」との問いに対しては明言を避けた。
 外務省の松田賢一副所長は「沖縄の現状は把握している。本省に伝える」とした。當山町長は、配備計画の有無について日本政府として米側に再度確認するよう求めた。
 同町、沖縄市、北谷町でつくる嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)は10日午前に防衛局に配備計画撤回を求め要請する予定だ。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス