政治

「沖縄差別ではない」 首相、オスプレイ配備の意義強調

 【東京】安倍晋三首相は1日の参議院本会議の代表質問で、日米地位協定の改定について、「まずは現実的、具体的な運用の改善を積み重ねることが重要だ」と改定は検討しない考えをにじませた。

 米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備について、福島瑞穂氏(社民)の「沖縄差別の何ものでもない」との指摘に対し、安倍首相は「分析評価報告書、日米合同委員会合意などにより安全性が十分に確認されていることを認識しており、配備が沖縄に対する差別だとは考えていない」との認識を示した。
 さらにオスプレイの沖縄配備について「わが国の安全保障にとって大変有意義な意味がある」と重ねて強調。「日米合同委員会合意が適切に実施されるよう米側との間で必要な協議を行い、地元の理解を得ていきたい」と述べた。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス