社会

「『普天間』運用に無理がある」 ボトル落下で仲井真知事

 仲井真弘多知事は8日午前の定例記者会見で、オスプレイからの水ボトル落下事故について「飛行機から物が落下するなどということは、とてもあってはならない」とした上で「街の真ん中にある普天間飛行場を中心とした運用は事実上無理がある。普天間飛行場の一日も早い県外移設を実現し、日米両政府ともこういう事態が発生しないよう取り組むべきだ」と述べた。

 普天間飛行場と一体(パッケージ)になっていた嘉手納より南の基地の返還を切り離すことに日米が合意して1年がたつ中、いまだ返還に向けた統合計画がまとまらないことには、「昨年末までには具体的なことをまとめて発表するという話が当時の政権からあり、政権交代しても作業が進んでいると大変期待していた。沖縄の基地問題は努力する、やると言うことが現実にならないという繰り返し。失望の連続だ」と不快感を示し、取り組みの加速化を求めて近く政府に申し入れをする意向を示した。
 尖閣諸島周辺などの東シナ海で、中国艦船による自衛隊護衛艦に射撃管制用レーダー照射などが発生していることについては、「平和的な外交を通じて解決してほしいというのが強いわれわれの願いである。これが一触即発というような事態へ行かないように互いに自制してブレーキをかけることを、今こそ日中両政府が全力を尽くしてほしい」と述べ、平和的解決を要望した。
【琉球新報電子版】

英文へ→Okinawa Governor Nakaima renounces Osprey operation from Futenma Air Station