社会

中国船、20メートルまで接近 尖閣海域緊迫

 【石垣】尖閣諸島の国有化後、過去最多の中国公船が領海侵犯した23日午前10時前、同海域で実効支配アピールのため漁業活動をしていた保守系政治団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の漁船団に中国の「海監」が接近した。乗組員らによると、海監は約20メートルの距離まで接近。海上保安庁の巡視船が間に入り、接触は避けられたが、海域は一時緊迫した。

 乗組員らによると、海監が接近してきたのは海保から「中国公船が(領海内に)入ってきたので逃げるように」と指示があってから約1時間後。9隻の漁船団は南下して海域を離れようとしていたところ、後方を航行していた「第11善幸丸」に、海監が汽笛を鳴らしながら約70メートルまで接近した。
 船長の名嘉全正さん(54)は「気が付いたら後ろから近づいてきていた。5分くらいすると『いしがき』(海保の巡視船)がものすごい勢いで間に入ってきた」と振り返る。
 海監はその後、方向転換し、今度は「第1並里丸」に後方から接近。約20メートルの距離まで近づいたが、今度は巡視船「くにがみ」が間に入ったため、並里丸との距離を離した。
 並里丸の船長、並里学さん(49)は「あんな大きな船に横付けされたら漁船はもたない。事故が起きるのではないかと心配し、どきどきした」と語った。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス