社会

5・15平和行進で全国団結式

約570人が参加して憲法改悪反対などに気勢を上げた「第36回5・15平和行進全国結団式」=16日、那覇市民会館大ホール

 復帰41年「第36回5・15平和行進全国結団式」(主催・同行進実行委員会、沖縄平和運動センター)が16日、那覇市民会館大ホールで行われた。全国から約570人が参加した。17日から19日まで1300人超が参加して基地周辺や南部の戦跡を巡る本島3コースの正副行進団長や本土代表へのたすき授与式が行われた。参加者は憲法改悪やオスプレイ撤回、米軍普天間飛行場の県内移設反対、橋下徹大阪市長の慰安婦容認発言や在沖米軍への風俗業活用提案にも抗議し、ガンバロー三唱で気勢を上げた。

 主催者を代表して沖縄平和運動センターの崎山嗣幸議長が「憲法改悪に対抗する平和運動を高めていこう」とあいさつ。「フォーラム平和・人権・環境」(東京)の藤本泰成事務局は「この3日間、沖縄のおかれた現実をしっかり見てほしい」と連帯あいさつした。
 「5・15平和とくらしを守る県民大会」(同実行委主催)は19日午後2時から、宜野湾海浜公園屋外劇場で開かれる。
【띪琉球心報電子版띩】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス