政治

「言語道断で侮辱的」 橋下発言、米報道官が批判

 【米ワシントン16日=島袋良太本紙特派員】米国務省のサキ報道官は16日の記者会見で、従軍慰安婦は必要だったとした日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)の発言について、「言語道断で侮辱的だ」と非難した。在沖米軍に風俗業者の利用を求めた橋下氏の発言などに関して米政府はこれまで「米軍は買春を禁止している」などと述べるにとどめていたが、初めて公式に発言を批判した。

 サキ報道官は従軍慰安婦制度について「性的目的の人身売買で、女性たちの身に起きた出来事は嘆かわしく、明確かつ重大な人権侵害だ。被害者に深い同情の念を抱く」と表明。その上で「日本は過去の問題に対処するため、近隣国と協力し、前進できるような関係を培うことを望む」と述べ、歴史認識問題の克服を求めた。
 報道官が強い表現で橋下市長の発言を批判した理由について、国務省当局者は「非常に不快な発言についてコメントを求められたからだ」と説明。「(国務省の)建物の中にいるみんなが腹を立てている」と述べた。
 サキ氏はヌランド氏の後任の女性報道官で、13日に初の定例記者会見に臨んだ。

英文へ→US condemns Osaka mayor’s remarks on WW II comfort women



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス