社会

沖縄本島東方沖に米軍F15墜落

 在沖米空軍嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が28日午前、沖縄本島東方約112キロの海上で墜落した。米軍によると乗員1人で、脱出して事だった。事故原因については「洋上で問題が発生した」としているが、詳細な原因は調査中としている。

 第11管区海上保安本部によると、同日午前9時ごろ、在沖米軍から「米軍機が墜落した」との通報があった。乗員は午前10時9分ごろ、航空自衛隊の航空機に救助された。現在、中城海上保安部は米軍からの救助要請を受け、巡視艇や航空機を海域に急行させている。
 墜落した海域はホテル・ホテル訓練区域とみられ、2006年にも同区域で戦闘訓練中のF15戦闘機が墜落事故を起こしている。県が自衛隊に確認したところ、午前8時45分に緊急脱出をする際のサインを受けたという。沖縄防衛局は、現在米軍に照会し、詳細を確認している。【琉球新報電子版】