社会

ゆいゆい号始動 那覇市内観光地を毎日巡回

那覇市の観光地を巡るバス「那覇ま~い ゆいゆい号」(那覇市観光協会提供)

 那覇市の翁長雄志市長は5月30日、那覇市役所で会見し、6月1日より、市内の観光地を巡回するバス「那覇ま~い ゆいゆい号」の実証実験を開始すると発表した。識名園や首里城、おもろまち、国際通りなどを回り、毎日午前8時半から20~25分ごとに1日25便を運行する。午前中出発の10便には、那覇まちま~いガイドが同乗し、案内する。翁長市長は「観光客だけでなく、市民、県民も利用し、楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 乗車料金は220円、一日乗車券は660円で利用できる。那覇市内用のバス回数券も利用できる。
 2013年度は一括交付金約1億6千万円を活用して那覇市観光協会に業務委託し、那覇バスと連携して運営する。15年3月までの運行を予定し、その後の継続も目指す。
 定時で市内を巡る観光バスがある神戸、横浜などを参考に、観光客の多様な要望に応える一つの方策として実証実験をすることになった。