政治

参院選が公示 沖縄選挙区 4氏が届け出

クリックで拡大(PDFファイル907KB)

 第23回参院議員選挙は4日公示され、午前9時現在、沖縄選挙区(改選数1)には幸福実現党の新人で団体職員の金城竜郎氏(49)、無所属新人の新島メリー氏(67)、自民党の新人で社会福祉法人理事長の安里政晃氏(45)=公明推薦=、現職で3選を目指す社大党委員長の糸数慶子氏(65)=生活、共産、社民、みどりの風推薦=の4氏が届け出た(届け出順)。

 安里、糸数両氏による事実上の一騎打ちの構図で、21日の投開票に向けて17日間の選挙戦に突入した。
 県内では米軍普天間飛行場の移設問題や日台、日中漁業協定に対する対応、自衛隊の与那国配備などが争点となる。憲法改正、来年に予定される消費税の増税や福祉、子育て支援の充実についても関心が高い。